肩こりの原因・改善・予防など

①肩こりの主な原因はどういったものが考えられますか?

なぜ肩がこるのでしょう?

構造上の理由は、頭と腕があるからです。

ヒトの体は2足歩行をするように進化し、 多くのヒトは、起きている殆どの時間を、上半身を起して生活しています。 そして、肩には首を含めて頭部が乗っかっており、腕がぶら下がっています。

個人差はありますが、
頭は5㎏位、
腕は片方で3~4㎏位(両方だと6~8㎏位)
あるともいわれています。

私たちの肩には、起きている間中10㎏以上の負担がかかっているのです。
何もしなくても、幼児ひとりを乗っけていることになります!

但し、これだけが理由ではありません。
肩こりのヒトは皆顔が大きく、腕が太いわけではありません。

□小学校の頃から肩こりで‥
□そういえば就職してから首や肩にコリが‥
□パソコン作業をするようになってから‥
□出産後、抱っこが多くて‥
etc

ヒトのカラダの構造上の理由に加えて、

・同じ姿勢を長時間続けている
・精神的な緊張を伴っている

少なくともこの2つが関っていると考えられます。

職場や私生活によっても物理的、精神的影響は様々です。
肩のこりは、性格とも関係ありそうす。
(真面目、キッチリ、心配りが行き届く、頼まれたらイヤとはいえない良い人に多いようです)


②肩こりの改善例や改善しやすいタイプはありますか?

肩こりを全く無くするのはとても難しいことです。

ぎっくり腰や坐骨神経痛などは、たとえ経験のない人でも、 動けない・歩けないとても辛い症状だと想像されますが、 肩こり症でない人にはその辛さを解ってもらいづらいものです。

たかが肩こりぐらいで‥。
と思われてしまいがちですよね。でもご本人はとても辛いのです。

更に、腰痛に比べてダラダラと長く続き、
天候に左右されることも多く“されど肩こり”という感じです。

肩をマッサージしても、その時は気持ちいいけど、
すぐに辛くなるというお話を多く聞きます。

そう、肩だけではダメなのです。

ー同じ姿勢を続け、精神的な緊張に伴う血行不良ー

これは肩だけの問題ではありません。

・目の疲れ
目の周りやコメカミの筋肉が緊張します

・顎の力み
顎の周りや舌の筋肉が緊張します

・首の緊張
首こりの状態です

・手/腕/わきの下の力み
精神的に緊張すると、手に力は入っていることが多いかもしれません。 この時には、手のひら、肘、二の腕の様々な筋肉が緊張していますし、 また、脇を閉めることによって、わきの下周りの筋肉が緊張します そして、腕全体の血行が悪くなっています。

・肩甲骨周辺の緊張
肩甲骨は腕の動きを司る重要な働きをします。 (肩甲骨があるから、腕は様々な動きができるのです) これが緊張すると、腕や手の血行不良の原因にもなります。

特に肩甲骨の内側のコリは不快感が強いです。
よく、「肩に力が入る」と言われますが、 ”肩甲骨に力が入る” と言ってもいいかも知れません。

・背中のハリ
肩は背中に支えられています。
肩のコリは背中のハリにつながります。

・背骨や骨盤周辺の筋肉の緊張
背骨の歪みについては多くの方々が気にしていますが、 骨格を支えているのは、主に筋肉です。

背中がハレば当然背骨の周辺の筋肉も緊張します。 背骨の.根元は骨盤につながります。 背骨全体を支える、骨盤周りの筋肉も緊張します

・足指やふくらはぎの緊張
手と同様に、緊張すると足の指にも力が入ります。 すると土踏まずやフクラハギの筋肉も緊張し、 ひいては太もも、股関節周りの筋肉も緊張します。 そして、足全体の血行が悪くなっていきます。
足の冷えも関係してきます。

・自律神経の働き
例えば、寒い時には自然に立毛筋が緊張して、 毛穴が閉じ、鳥肌が立ちます。 これは自律神経が、私たちの意志とは別に、 自然にカラダを守るするようにしてくれています。

特に、内臓の働きは自律神経が作用しています。
自律神経は、カラダの恒常性を司る重要な働きをします。

自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスで成り立っています。
思考や運動をする時には交感神経が優位に働き、 休憩や睡眠時には副交感神経が優位に働いています。

緊張が続くと、交感神経の働きが強くなり過ぎて、 副交感神経の働きが弱くなっていきます。 これらのバランスが崩れると、今まで順調に行ってきた様々な カラダの活動が乱れます。

力もう思わなくても、勝手に筋肉が緊張してしまいます。

etc

肩こりは全身の緊張を伴うのです。

勿論、人によって緊張の箇所や程度は違います。
それを見分けて、全身的にアプローチを行う。
これぞカイロプラクテックの醍醐味ではないでしょうか?

肩こりで来院したのに、足裏をいじられている‥

全身を見渡し、緊張部分を和らげ、トータルで肩こりを鎮めて行く。
これが当院の方針です。


③肩こりの予防に大切なことは何ですか?

■肩こりに悩む方は、まず姿勢を正しましょう

良い姿勢は重要です。

しかし、いくら姿勢が良くても不動では緊張します
乱れたら正す。これを繰り返すことが良い姿勢をとることです。
”この少しの動きの繰り返し”が筋肉の緊張を和らげます。

■手を動かしましょう

・”グー・パー” ”ぶらぶら”なんでも結構です。
手を頭より上に上げて背筋を伸ばしましょう
(ぶら下がり健康器も有効です。手が痛いという方はつま先立ちでもOKです)
・肘で大きく円を描きましょう。
 (その時、肩甲骨が大きく動くことが重要です)

■歩きましょう

肩こりは全身を代表した症状(代弁者)です。
歩くことによって、全身の筋肉に必要な運動の多くが得られます。

■自分を誉めること、好きになること
頭痛の項目でものべましたが、肩こり症には真面目でキッチリした性格の人が多いようです。 少し肩の力を抜いて、たまには”自分の心身にご褒美”をあげて下さいネ。


ご相談・カウンセリングはお気軽にどうぞ。

営業日カレンダー

pagetop